2020年12月12日

『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram』感想3

劇場版キャメロット前編ネタバレ有り注意
(『劇場版にはこの要素がない』というネタバレです)

20201212_camegudarasyu.jpg

原作テキストの『東の村の冒険』のこの辺のアーラシュは
六章後の幕間にも関わってくるし劇場でも見たかったね!
(別にこんなアーラシュを観たかったわけではない)

作中では
あの特異点の場ですらアーラシュの名を知らない者は
ぐだしかいなかったので
アーラシュが妙に懐いてた理由の一端として
説得力あったんだけどなあ。

しかし2015年以降の日本だともうこれができないんだねアーラシュ…


posted by ろうげつ琳 at 14:01 | Comment(0) | Fate | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。